日本一値段が高い和牛ブランドは?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

matsuzakaushi-yoshitoyo1005

一躍海外からも注目されている日本が誇る和牛ですが、日本一値段が高いブランド牛は何牛だと思いますか?

神戸牛?松阪牛?近江牛?仙台牛?

思い浮かぶブランド牛はいくつもあると思いますが、過去に最高値で落札されたのは松坂牛でした。

平成14年、三重県松阪市の松阪家畜市場で松坂牛の競り市が開催されて、多気町の宮東功さんが飼育した「よしとよ」が過去最高値の5,000万円で落札されています。

それまでは、バブル期の1989年に1頭約4,900万円が付いて以来の記録更新だったそうです。

そして負けず劣らず高値で取引されているのが、このところ注目されている飛騨牛です。

5年に1度開催される「和牛のオリンピック」といわれる全国和牛能力共進会で、第8回、第9回と連続して最優秀枝肉賞を受賞して、最高値で競り落とされたのが飛騨牛です。

平成14年開催された第8回大会では、地元国府町の㈲牛丸畜産の出品の牛が最優秀枝肉賞を受賞して、枝肉単価1Kg当り10万6,100円で落札され、一頭4,465万円と大会史上最高値を付けています。

飛騨牛のルーツは、岐阜県が昭和56年に兵庫県から種牛「安福号」を1,000万円で導入し、県の畜産研究所で肉質の改善を図って、安福号の種から生まれた子牛が市場に出回るようになり、当時平均で25万円程度であった飛騨小牛市場価格が平成3年には70万円を超えて、
全国トップになり、現在もトップを維持しているそうです。

平成24年に開催された第10回大会では、惜しくも大会三連覇は達成できませんでしたが、飛騨牛の肉質の良さは高い評価を受けています。

そもそも牛肉の評価は格付けで決まるので、サシが多くなればなるほどセリ値も上昇して、高値で落札されます。

つまり、霜降りの度合いが牛肉の価格を決めると言っても過言ではありません。

日本では、昔から「牛は産地で決まる」と言われています。

そんな理由から、歴史のある但馬牛や松坂牛、近江牛に高い評価が集まっているのではないでしょうか?

海外で和牛といえば、神戸牛ですが、日本国内では松坂牛や飛騨牛が高い評価を受けているようですね。

和牛1頭が5,000万円なんて話を海外の人が聞いたらきっと驚くでしょうね。

アメリカやオーストラリアでは牛肉が安く売られているのが当たり前ですからね。

お値段が高い和牛とはいえ、その味わいには何物にも代えがたい魅力があるのではないでしょうか?

 トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す