国産和牛は世界一安全な牛肉!

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

wagyu-anzensei1005

「国産和牛が世界一安全な牛肉」という理由は、和牛の管理にはとても厳しい基準が定められています。

BSE問題以後、世界的に安全に対してのハードルは一層高くなっています。

日本産の和牛は、とても厳しい基準の元で管理されていることから、世界一安全な牛肉といってもいいでしょう。

日本では「トレーサビリティ」を導入して、徹底した品質管理を行っています。

「トレーサビリティ」、つまり「商品の履歴情報を追跡することができる」システムのことです。

牛の出生から、私たちの食卓に届くまでの生産流通履歴情報の把握が可能なこのシステムは、個体識別番号により、牛の出生年月日や、雄雌の別、どの牛から生まれたか、品種、飼養場所、と畜場など、すべての情報を知ることができます。

例えば、私が買った松坂牛のことが知りたいと思えば、全ての情報はインターネットで公開されているので見ることができます。

以前にも書きましたが、輸入牛肉に対しても、世界で一番厳しい基準を設けています。

また、今年6月からEUに対して神戸牛など、和牛ブランド肉の輸出が再開されましたが、とても厳しい基準が設けられています。

EUだけでなく、輸出先国の厳しい認定基準に合格した処理の段階でも、食肉衛生検査所の検査員による衛生検査が行われ、温度管理や消毒などの安全管理、特定危険部位などの処理についても常時調べることになっています。

EUが示した要件は「輸出する牛肉の食肉処理場が欧州並みの安全衛生と動物愛護基準を満たし、日本の厚労省が認定すること」など、細部まで厳密に定めているのが特徴です。

処理場がHACCP(危害分析重要管理点)を導入して、食肉の安全性を管理していることが条件になっています。

また、欧州独特の要件として「動物愛護」の義務も基準に盛り込まれています。

これには、どういう意味かあるのでしょうか?

くじらと同じように「食べるな」ということではないようですが・・・。

日本の在来種である和牛に対しての安全基準は厳しく、国レベルから県レベル、そして生産者など、個のレベルに至るまで安全性への認識は高く、農水省の指導のもと研修なども含め定期的に実施されています。

世界的に見ても、日本の牛肉はもっとも安全であり、最高レベルのものと言えます。

国産和牛は、世界一安全な牛肉といっても過言ではありません。

それでも産地偽装や消費期限の改ざん、等級の偽装などが後を絶ちませんが、これは安全性以前のモラルの問題です。

あのデパートなら安心、あの有名店なら安全という神話も崩れているのは今の時代ではないでしょうか。

私たちが常に目を光らせて、安心できるお店から買うしか方法がないというのが実情のようです。

それでもたまには美味しい和牛を食べない訳にはいきませんよね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す