米沢牛の肩ロースで味わうすき焼きの作り方

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

yonesawaushi-sukiyaki-img

今や日本だけでなく、世界的に有名になった日本料理の「すき焼き」。

『文明開化の味がする』と持て囃されたすき焼きは、鎖国が終わった明治の時代に、洋食が外国から入ってくるのと同時に大流行した『牛鍋』がルーツになっています。

すき焼きは日本だけに限らず、現在では世界の人たちからも愛される「和牛」の食べ方の1つにもなっています。

繊細で豊かな味わいと、極上の品質で日本が世界に誇る「和牛」で作るすき焼き、米沢牛となればまさに絶品です。

今回は京都の老舗料亭「菊乃井」の村田 吉弘さんのレシピで作るすき焼きを紹介します。

米沢牛の肩ロースで味わうすき焼きの作り方

<材料>4人分

・米沢牛の肩ロース:500g

・焼き豆腐:1丁
・しいたけ:4枚
・しらたき1パック
玉ねぎ:1個
・ごぼう:1本
・青ねぎ:1束

<割り下>

・酒:200cc
・濃口しょう油:100cc
・砂糖:50g
・タマゴ:4個

<作り方>

1) 酒、しょう油、砂糖を合わせて割り下を作ります。
2) ごぼうはささがきに、玉ねぎは繊維に垂直に7mm程度の厚さに切ります。
ねぎは5cm程度の長さに、しいたけは石づきを取り、斜め薄切りにします。
3) 焼き豆腐は食べやすい大きさに切ります。しらたきはザク切りにし、さっと湯通ししておきます。
4) すき焼き鍋に牛肉、具材を入れ、割り下を入れて煎り焼きにし、溶いたタマゴにつけていただきます。

特にポイントはありませんが、せっかくのいいお肉も煮すぎると固くなってしまうので、色が変わったら食べごろだと思います。

>>格安価格でお取り寄せできる『米沢牛愛盛セット』

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す