アメリカ産輸入牛肉は本当に安全なの?

当サイトで一番人気のお店! 味、品質共に申し分なく、 当サイトで一番人気のお店で 最高級の松阪牛をお手頃な価 格でという方にオススメです。
特選松阪牛専門店 やまと
通販で年間60万人以上が訪れる人気店です。日本三大和牛に匹敵する米沢牛をお買い得価格で提供する信頼のおける米沢牛専門店です。
米沢牛専門店 さかの
味には定評のあるA5等級の飛騨牛がリーズナブルな価格で楽しんでいただけます。


飛騨牛専門店 極
 

yunyugyuniku01ffd

和牛肉に比べて安く販売されているのがアメリカ産の輸入牛肉です。

消費者にとって牛肉が安く買えるのは家計の助けにもなり嬉しい限りです。

アメリカ産の輸入牛肉は本当に安心して食べてもいいのか調べて見ました。

日本では1991年、アメリカから輸入が自由化されています。

牛丼や牛タンの材料として、スーパーではサーロインや肩ロースなどの部位として、焼き肉レストランでは牛タン、カルビ、ハラミなど人気の部位として販売され、すっかり定着していて切り離すことなどできません。

和牛の飼育法とは違い、生後約1年ほど放牧場で飼育された後、フィードロットと呼ばれる集中肥育施設に移され飼育されます。

アメリカでは飼育には6種類の成長ホルモン剤の使用が認められています。

それぞれに決められた休薬期間に基づいて獣医師の管理のもとで投与は実施されます。

こうして育てられた牛が、日米で定めた輸入条件のもと輸入されたものがアメリカ産牛肉です。

2003年にアメリカで牛海綿状脳症、いわゆるBSEが発症して日本への輸入は一時的に禁止されました。

これにより吉野家では看板メニューの牛丼が販売できなくなったことは大きな社会現象にまでなりましたよね。

そして、2005年には日米で定めた新たな輸入条件のもとで、生後20か月以下の危険部位の除去が為された牛肉を対象に輸入が限定的に再開され、その後、日本政府がアメリカの加工施設を査察し、2006年7月、安全性が確認された施設に限り輸入を再開することを正式決定しています。

日本とアメリカでは”食の安全”に対する考え方に大きな違いがあることがわかります。

アメリカからは牛肉だけでなく、大豆や小麦、トウモロコシなど多くの農産物も輸入されています。

農産物では遺伝子組み換えの問題なども指摘されています。

しかし、日本の自給率は2012年で39%にしかすぎません。

多くのものを輸入に頼らざるを得ないのが、現在の日本の実情なんです。

そんな中、安心で安全なのはわかっていても、価格の高い国産和牛ばかり選ぶことはできませんよね。

牛肉も私たちがある程度の知識を持って選ぶことが大切になってきます。

牛肉に関しては、輸入条件以外に独自の基準を設けて輸入・販売している会社もあります。

販売されている輸入肉が全て安全だと言い切ることはできませんので、信頼のおけるお店で買うように心掛けるしかないのではないでしょうか。

yunyugyuniku02sgr

いつも和牛肉ばかり食べる訳にはいきませんものね。

トップページへ戻る

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す